インターネットと子供

インターネットの制限

トップ / インターネットの制限

インターネット料金の情報

インターネットとアクセス制限

近年ではインターネット及び各種端末の普及に伴い、幅広い年齢層がWebページの閲覧やサービスを利用できる状況になっています。その為、特定の年齢層に対して有害なWebページが表示される事を防ぐ目的で、フィルタリングと呼ばれる技術が用いられます。フィルタリングは有害サイトアクセス制限とも呼ばれるもので、インターネット上のWebページを一定の基準によって評価する事で、表示するかどうかを決定する仕組みとなります。主に端末のブラウザやセキュリティソフトに搭載されている機能である他、回線事業者によっては関連したサービスを提供している場合もあります。

ネットの意味

アクセス制限がなぜ必要か

子どもにインターネットを使わせるとき、アクセス制限を考える必要があります。これは、なにも制限しなければ、子どもが見るには適切ではない内容(アダルト・暴力表現等)が簡単に見られてしまうためです。インターネットとしては、なんでも見られるのが最大の特徴でありメリットでもあります。しかし。だからといってそれを見てある程度正しく判断できる大人ではなく、簡単に影響を受けてしまう恐れのある子どもに無制限で使わせるわけにはいきません。そこで、ふさわしくないページにはアクセスできないよう、アクセス制限の必要性があるのです。